スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の名所めぐりをしよう。パート3

具志川城跡を見に行った後、

沖縄本島最南端、

沖縄戦跡国定公園の喜屋武岬(キャンミサキ)へ。
IMG_0272.jpg
IMG_0273.jpg


沖縄戦で追い詰められた住民や日本兵が身を投げた悲しい歴史が残る場所。
IMG_0274.jpg
IMG_0277.jpg
今の平和な時代を生きている僕には、
戦争の怖さもわからないし、
追い詰められて身を投げることも理解ができない。
でも実際にここでは何人もの人たちが命を落としているです。


こういう歴史を少しでも勉強すると、
平和の尊さを再認識させられます。



スポンサーサイト

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

沖縄の名所巡りをしよう。パート2

前回のパート1の更新が南山城跡。

今回のパート2は国指定史跡、具志川城跡。

IMG_0261.jpg


写真には撮っていないんですが、

城門跡らしきとこを通ってすぐに、

天然の穴ぼこがあり、そこから波の音が。

その下は洞窟みたいになっていて海につながっているそうです。


昔は敵が襲来した時の抜け穴であり、船の積み荷を引き上げたりしていたんだそうな。。



IMG_0263.jpg
平成12年から平成24年まで修復工事をしてるんだね~。

あと、2年か~。


どこまで修復するのでしょうか?

石積みの城壁までなのかな?

まー楽しみですね。


ちなみに工事もしてました。

IMG_0271.jpg
結構な崖の上に城跡です。


城跡から見る景色もまたいいです。
IMG_0266.jpg
IMG_0267.jpg


テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

沖縄の名所巡りをしよう。パート1

この前、沖縄県南部の城跡や名所を巡ってきました。


うちな~んちゅの僕も行ったことがないところとか、

結構マニアックなところとかも楽しかったです。




やっぱ沖縄県人として、あと、沖縄でペンションをする者として、

少しくらいは沖縄勉強でもしないとな~と。


そういうことで、何回かに分けて更新していこうと思います。



まず最初が、


南山城跡。
IMG_0258.jpg
IMG_0259.jpg
14世紀~15世紀まで、沖縄県南部を支配していたお城だそうです。



1429年に中山王の尚巴志(しょうはし)によって滅ぼされたんだって。


すぐ隣には高嶺小学校。
IMG_0256.jpg
ってかつながってるし。。


現在は南山神社として歴代南山王の霊を祭っているそうです。




IMG_0250.jpg


大きいガジュマルです。


あとで調べてわかったんだけど、

城跡から20メートルのとこに嘉手志川(カデシガー)という場所があったらしいんだけど、
kade41[1]


わからなくて見ることができませんでした。。


残念。


次回見てみよう。






テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

La fonte

IMG_0231.jpg
ちょっとおしゃれにランチを。


那覇市のLa fonteへ。



一人1400円でランチバイキング。
IMG_0233.jpg




ピザやパスタやサラダが超うまかったです。


ちなみにこのLa fonte、

IMG_0236.jpg
松山御殿跡(まつやまウドゥンあと)。

琉球王国最後の国王尚泰の四男、松山王子尚順の屋敷跡らしいです。



料理もおいしかったけど、レストランの裏庭もきれいにされてじょ~と~だったよ~。

IMG_0234.jpg
IMG_0235.jpg

初めて来たけど、また行きたいと思うレストランでした。

テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

首里城

琉球王家の墓、玉陵を見た後、

こちらも世界遺産の首里城
IMG_0245.jpg

この前城内に入ったことがあるんで、

今回はちょっと離れた所から写真を撮ってみました。



残念ながら工事中で、クレーンやらユンボやらがあり、

きれいに写っていないっす。。


夜はライトアップされるんで、きれいかもね。



ちなみに同じ場所から那覇市内の写真もパチリ。

IMG_0248.jpg

眺めは最高です。




テーマ : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
ジャンル : 旅行

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。